お問合せはこちら

その3

結婚する女性にとってとても大切なウェディングブーケ。ドレス選びもそうですが、ウェディングブーケは花嫁にとってはドレス同様思い入れの強いもです。教会式の結婚式ではもちろん、花嫁はウェディングブーケをもって現れます。白いウェディングドレスに白いウェディングブーケ。それは正に純白の花嫁です。これからスタートする未来のキャンバスです。花嫁の手に持つウェディングブーケは花嫁の素敵なウェディングドレス姿をさらに引き立ててくれることでしょう。ウェディングブーケは披露宴でお色直しをするときにも持つことがあります。神前式で和装だった花嫁も披露宴ではウェディングドレスにお色直しをし、そのドレスにあったウェディングブーケを持ったりします。色ドレスに合わせた様々な色や形のブーケがある様です。
最近ではウェディングブーケにプリザーブドフラワーを用いる人が増えてきた様です。最近注目を集めているプリザーブドフラワーですが、もっとも活躍するのが子のウェディングブーケかもしれません。ウェディングブーケは花嫁にとってとても大切なものです。中には次にお嫁に行ける人を見つけるブーケトスをする人もいます。今までは生花のウェディングブーケが主流だったので、受け取った人もほんの少しの間、そのブーケを楽しむことしかできませんでした。しかし、このプリザーブドフラワーで作ったウェディングブーケであれば、とても長い間思い出として飾っておくことができます。花嫁自身が結婚式の思い出としてとっておくこともできるのです。
ウェディングブーケとは結婚式で花嫁が持つ花束をことを言います。ブーケとはフランス語から来た言葉です。花言葉などもそうですが、花のことはフランスから伝わってきたことが多い様な気がします。子のプリザーブドフラワーもフランスで開発されたものです。フランス語bouquetと書くそうです。日本語でそれを訳すと花束という意味です。フランスではプロポーズのときにそのbouquetを渡すそうで、そのことからもウェディングブーケというものが日本でも広まった様です。
ウェディングブーケには色々な形があります。みなさんも色々なブーケを見たことがあると思います。丸くて可愛らしい形のラウンドブーケ、長くしたに垂れ下がる様なキャスケードブーケ、ラウンドブーケを少し変形させたオーバルブーケ、パッと束ねた様な自然なクラッチブーケなどがあります。もちろん好みで選べばいいですが、ドレスの形に合うか合わないかということもありますので、専門の方に相談してみるのもいいでしょう。ブーケは色々な種類があるのですね。花を合わせれば、花が形を造り出し、そして幸せのブーケができあがるのです。最近ではプリザーブドフラワーを使ったブーケも人気がある様です。。プリザーブドフラワーブーケは長い期間美しい姿での保存ができることです。これは結婚式の思い出をいつまでもとっておきたいという花嫁の願いをかなえるものです。生花と変わらない瑞々しさなのに、ずっと保存して飾っておけることは花嫁にとってとてもうれしいことでもあり、プリザーブドフラワーのブーケを希望する花嫁が増えてきている様です。

ウェディングブーケには様々な花が使われます。季節によってない花もありますので、結婚式の時期にもよりますがどういった花が人気があるのでしょうか。やはり一番多く見られるのがバラでしょうか。バラは割と一年中、市場に出ています。そして何より華やかで上品な美しさがあります。ですから、バラは一般的にウェディングブーケに使われやすいでしょう。その他、豪華な印象のカサブランカや、気品あるカラーといった白い花は人気があるでしょう。その他カラーの花では、チューリップやブルースター、レースフラワーなど、様々な花が使われています。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2016/11/25